古紙回収古紙回収方法集団回収集団回収の作業古紙回収対象エリア古紙回収のお申込 お見積りお問い合せ
古紙回収ドットコム、松沢紙業トップページへ 資源ごみで節税・エコを考える有限会社松沢紙業 お電話
お問い合せはこちら
古紙回収のお申込
トップページへ 古紙回収で節税・エコプロジェクト ニュース&トピックス 古紙回収トサービス 会社案内 お問い合せ サイトマップ
古紙回収サービス
古紙回収の現状
古紙回収方法の種類
集団回収のすすめ
集団回収の作業の流れ
個別回収のすすめ
古紙回収対象エリア
会社案内
松沢紙業の想い
会社概要
沿革
許可番号
回収資源フローシート
案内地図
個人情報保護方針
古紙回収で節税・エコプロジェクト
ニュース&トピックス
古紙回収のお申込
サイトマップ
お問い合せ
会社案内地図
古紙回収サービス
ホーム>古紙回収サービス
【東京都の古紙回収の現状】108億円の税金を減らせるのです!
    掲載日:2008/9/29
サムネイル ★ゴミで節税を考えてみましょう!★
■Q1:資源ゴミの日に出る約36万tの古紙回収は誰が行っているかご存知ですか?

●A1:行政(東京都の各区)や民間の回収業者が回収しています。
■Q2:古新聞回収に費用が発生することをご存じすか?

●A2:現在、行政が約24万tの古紙を回収し約108億円の税金が使われています。
一方民間の回収業者は約12万tの古新聞を無償で回収しています。

■Q3:現在、民間の回収業者を無視して、一方的に行政が資源ゴミを回収していることをご存知ですか?

●A3:このまま行政が民間業者を追い出し、現在民間業者が回収している約12万tの古新聞も行政が回収するようになれば、約108億円の税金が約162億円に跳ね上がるのです。


■Q4:逆に、行政ではなく民間の回収業者が今後全ての古紙を回収するようになったら費用は全くかからないのでしょうか?

●A4:古紙の価格が安いため、1kgで7円の回収費用が必要です。
   7×36万t=25億2千万円の費用が発生します。

★つまり→→→
全ての古紙を行政に回収してもらうと約162億円の税金を払うことになるのです。

★また→→→
全ての古紙を民間業者に回収してもらうと約25億円2千万円の費用で済みます。

---------◆◇ その差はなぁんと ◇◆---------
136億8千万円以上!!! 節税できる!!!
----------------------------------------------

------★ 整理してみましょう! ★------

■現状の問題点:
・行政が約24万tの古紙を回収し、108億円の税金が使われている。
・民間業者は無償で約12万tの古新聞を回収しているが、行政に追い出されつつある。

★このままを放置・・・・選択1
→民間業者が追い出されると、行政が回収する約36万tの古紙には162億円の税金が使われることになる。

→民間業者は仕事を失うことになる。

★このままを解決・・・・選択2
→行財政厳しい折です。古紙の回収は安いコストで、正当な回収処理がなされるなら形はどうあれいいのではないでしょうか?
税金を使わず、回収してくれる方があれば最高ではありませんか!
→収集費(税金)減少、雇用の促進につながります。

------★ 区民の皆さんはどちらがよろしいですか? ★------

選択1:さらに税金を使う!

選択2:少しでも税金を使わない!

区民のため、民間業者のため
少しでも税金を使わないようご協力お願いします。


------------★ 各区へのメッセージ ★------------
資源回収の問題に真剣に取り組んで欲しいと思います。
--------------------------------------------------

各区は真の民間のため、古紙の収集方法について、再検討して頂きたいと思います。
本来、資源の収集日は、受益者負担が原則です。
製紙会社が社会的責任として、古紙価格を一定水準に維持すれば、1円の税金を使うこともなく、必要量が集荷されます。
地方自治体はそのような本質的問題を国に働きかけ、また企業の導くところに、最大のエネルギーを使うべきなのではないでしょうか?
各区は一刻も早く、改心し、真の区民のために、資源回収の問題に取り組んで欲しいと思います。

>>>ご不明点はお問い合わせください。

回収ドットコム
“古紙回収で節税・エコを考える”東京都足立区の有限会社松沢紙業
◎リサイクル品目:新聞・ダンボール・瓶・アルミ・衣類

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


ページを移動 》 | 1| 23456
ページトップへ
古紙回収古紙回収方法集団回収集団回収の作業個別回収古紙回収対象エリア古紙回収のお申込
HOME有限会社松沢紙業古紙回収で節税・エコプロジェクトニュース&トピックスサイトマップお問合せ